トップ

自分に合った歯科治療を選ぶ

歯科治療の差し歯

機能

歯科で差し歯の治療をするとき

歯科では差し歯には保険がきくものと保険がきかないものがあります。保険がきくものは一本あたり3000円から8000円くらいの料金で治療してもらえる硬質レジンの物や銀歯があります。保険外料金の物になると一本あたり40000円から200000円くらいでかなり高額な物になります。オールセラミックなら8から18万円、ハイブリットセラミックなら4から12万円、メタルボンドなら8から15万円、ジルコニアクラウンなら10から20万円、金歯は4から12万円です。それぞれの歯には特徴があるので値段と比べて、歯科では自分に合った治療を選びましょう。

治療における差し歯の学び

歯科医院では、小さな虫歯であれば、削ってその部分をプラスチックで埋める治療が行われます。しかし、虫歯が神経まで進んでしまうと、歯の大部分を削った上で神経を除去する必要があります。ほとんど削ってしまった状態では、プラスチックは強度的に使うことができません。そこで歯科治療で歯、差し歯をすることで、見た目良く、噛むこともできる状態に回復していきます。差し歯は、神経を抜いた部分に金属の土台を作り、その上にかぶせるようにして治療します。前歯であれば、保険でも白いものが使えますが、奥歯になると金属になります。

↑PAGE TOP