トップ / インプラントの手術方法

インプラントの手術方法

最新のインプラント

機能

インプラントのメリット

虫歯や歯周病で歯が根元からなくなってしまったという場合、以前の歯があった頃と違って食事をするにも不便になってしまいます。こんな時、以前であれば入れ歯やブリッジという方法しかありませんでしたが、近年ではインプラントという選択肢も用意されています。インプラントとは人工の歯根のことであり、チタンなどのアレルギー性の少ない金属をあごの骨に埋め込んで歯根として利用するという方法です。手入れの手間もなく、自分の歯のように快適に食事をすることができる方法です。

インプラントはどんな治療か

インプラントのもともとの意味は体に埋め込むものを指します。ですが、通常の場合は歯科分野において使われることが多いです。歯科分野において実施するのは何らかの原因で自分の歯を失ってしまった時です。少し前までは入れ歯という方法がとられていましたが、現在では人工的に作られた歯根を顎の骨に埋め込んで固定し、さらに人工の歯を付けるというインプラントが主流となっています。入れ歯のようにぐらぐらしたり、固いものが噛めないといったことがないので、多くの人に注目されている方法です。

↑PAGE TOP